アモバンとデパス|不眠症経験者の嫁が語る最強の睡眠薬

アモバンとデパス|不眠症経験者の嫁が語る最強の睡眠薬

睡眠薬紹介

なかなか寝れない人は大きく分けると2つのパターンに分かれるらしいです。
1つ目は、入眠障害といって、なかなか眠りにつけないのが特徴です。
2つ目は、眠りにつくことはできても、すぐに起きてしまう中途覚醒というもの。
1日寝れないだけでも、辛いのに、それが毎日続くとなると困ってしまいますよね。
改善方法はいろいろとあるとは思いますが、今回は睡眠薬についてご紹介していきたいと思います。
服用する薬も先ほどお話したパターンによって適してくる薬も変わってくるので、どちらもご紹介していきたいと思います。
なかなか眠りにつけず、困っている入眠障害の方には、アモバンというお薬がおススメです。
このお薬は、なんといっても副作用が少なく、安全性には定評があるものです。
特徴としては、服用してから約1時間程度で効果が発揮され、眠りにつきやすくなるので即効性があり、服用後、体内に長く残らないことに特徴があります。
効果は優秀なんですが、唯一のデメリットが口の中がとても苦くなるので苦い薬が苦手な方には少々つらいお薬かもしれません。
口などをゆすげば、多少は苦みも収まると言われていいますが。
次に、眠りにはつけるものの途中で目が覚めてしまう中途覚醒の人には、デパスというお薬がおすすめです。
デパスは、おだやかな作用で心の安定薬とも言われています。
もともとは、うつ病の方に処方されていたもので、睡眠薬としても効果があるということで現在は不眠症をメインとして使われるようになったお薬です。
このお薬のデメリットは、長く使えば使うほど、効果が弱くなってくることです。
長期連用を避けて使用することが大切となってきます。
眠るための薬はやはり印象も良くなく、ドラマなどでも、自殺するときに大量に飲んだりしているシーンがありますが、用法用量を守って正しく使えば、まったく問題のないお薬ですので、 安心して服用することができます。
私も昔は寝つきが悪く、アモバンを使っていましたが、今では自力で寝れるようになったので、服用していません。
眠りに関して悩んでいる方には一度試していいただきたいです。