アモバンとデパス|不眠症経験者の嫁が語る最強の睡眠薬

アモバンとデパス|不眠症経験者の嫁が語る最強の睡眠薬

不眠症改善薬デパス

デパスという抗うつ剤としても使用されている睡眠薬の紹介をしていきます。
正しい睡眠薬の服用をして、きちんと不眠症が改善していきましょう。
初めに不眠症とはなにかを説明させてもらいます。
不眠症とは、自律神経失調症の症状で多い症状となっている。
交感神経の機能が低下してしまい、睡眠に中々入る事がとても困難になってくる。
また、夜に寝れていないので、昼に眠くなってきてしまい昼夜逆転の生活になってきます。
寝るためにはいかに興奮状態を鎮め、神経の興奮状態を改善していくかが重要となってくる。
改善をサポートするてめに使われるのがデパスというお薬です。
この薬は、気持ちをしずめてくれて緊張感や不安を和らげてくれるものです。
なので、先ほども説明したが、抗うつ剤としても使用されていたのです。
比較的副作用も少なく、安全性が高いお薬でもあります。
服用方法も簡単で、寝る前に1~3ミリグラムを1回服用だけです。
初期症状等で副作用がでる場合はあるが、どれも重くなく、ふらつきやけん怠感、脱力感などがあげられる。
危険な副作用があるわけではないが、服用後の車の運転や危険の伴う作業は控えた方がいいです。
高齢な方の場合は、転倒したり、昼間にぼけっとしてしまいがちなので、服用する量をきちんと管理してください。
この薬は、きちんと効果を発揮してくれますが、長く服用することで効き目がなくなってきます。
なので、短期間の使用が最も良く、長く服用することで依存症になりやすい傾向がある。
効果が薄くなると、服用量が増えて危険な場合もあります。
依存してしまい急にやめようと思っても、離脱症状でたりして手や指が震えたりします。
また、不安などから不眠症が悪化してしまい、悪循環に陥る可能性もあるので、注意してください。
今回はお薬を使った方法で不眠症の改善をご紹介してきましたが、軽度の不眠症の場合は日常生活を少し気をつけるだけで、きちんと改善できます。
運動や旅行、遊びにいったりしてストレスを発散したり、カフェインが含まれるコーヒ、酒類のアルコールの摂取をやめ、睡眠にはいる時間を決め、その2時間くらい前から電気を消し、テレビを見ないようにしたりして、リラックスできる状態をつくることで、きちんと寝ることができます。
おくすりを使う場合は、専門家や医師相談してから指示された方法で服用を行ってください。
十分、睡眠時間をとって、快適な生活を送ってください。