アモバンとデパス|不眠症経験者の嫁が語る最強の睡眠薬

アモバンとデパス|不眠症経験者の嫁が語る最強の睡眠薬

上京した私を襲ったのは

少し愚痴になってしまうのですが、お医者さんから思っていることを吐き出すことを覚えた方が良いと言われたのでブログで吐き出していきたいと思います。
私は、かれこれ親元を離れて14、5年ですかね。
はじめは都内に憧れて出てきたものの、そこからバイトを初め、毎日楽しく働きながら色んな人と出会ったりすることを生き甲斐に生きていました。
でも上京してから2、3年ほどしたころでしょうか、バイトの先輩に誘われたのがきっかけで、パチンコにつれていかれました。
良く聞くジンクスですが、初めての人は大体パチンコで負けない。
本当でした、私は初めてのパチンコで何と10万ちょっとも勝ってしまいました。
それが良くなかったんだと思います。
働く意味が良くわからなくなってしまったんです。
それから毎日パチンコに行くようになりましたが、なんとその月は本当にたまたま20万以上も勝ってしまいました。
そのため普通にバイトしているよりも楽にお金を稼ぐことができ、生活ができていました。
でも、次の月に入り、バイトもやめてしまったにも関わらず、半月内で一回も勝つことが出来ず、
あげくのあてには貯金も全部使い果たしてしまい、折角上京して出来た知り合いの人たちにお金を借りまくって借金だらけになってしまいました。
でも働いていないので、金融機関などにも借りまくりかなりの負債を背負ってしまいました。
もう家賃も払えずどうしようもないと思い、親に頼ってどうにか家賃分だけは払ってもらっていました。
そんなこんなで鬱病になり、デパスを飲むようになっていましたが、ずっと飲んでいると全く効果がないように感じられてくるようになってしまってました。
でも飲まないと落ち着かないので毎日飲んでいますが、仕事をどうにか始めるところまでは復帰しました。
けれども上京してきて知り合った知り合いには後ろ指をさされ、親にも面目が経たず、毎月の支払いに追われる日々。
本当に辛くて何度もいろいろ良くない方向へ考えてしまいそうになりました。
デパスではもう効果があまり望めなそうだったため、どうにか抗うつ剤を処方してもらい、少し気持ちを落ち着かせながら働けてはいますが、本当に辛いです。
勿論私自身が悪いなんてことは百も承知です。
でも一瞬で私が作ってきたものが壊れてしまう恐ろしさを体験したことを思い出すと気持ち悪くなってしまうので、もう抗うつ剤を毎日飲み続ける日々です。
皆さんも私のようにならないためにもギャンブルには手を出さないで欲しいです。